海外専用プリペイドカードについての補足

前回、海外専用プリペイドカードは、現地でお金が足りなくなった時に、誰かに送金してもらうことができないって書きましたけど、確かに、誰かに送金してもらうことは無理なのですが、海外でも、ネット環境が整っていれば、インターネットバンキングを使って、海外専用プリペイドカードにチャージすることができるみたいです。それなのであれば、
海外でお金が足りなくなったときに自分でお金を足すことができるので、そんなに、心配しなくてもいいかもしれませんね。でも、海外にいる別の誰かにお金を送金したいということはできない海外専用プリペイドカードもあるようです。つまり、名義登録的なことができない海外専用プリペイドカードがあるということです。そうなってしまうと完全に自分専用の海外専用プリペイドカードと言うことになります。

ただ、留学先の子供などに向けてお金を入金したいという場合、それができる海外専用プリペイドカードを選ばなくてはなりません。海外専用プリペイドカードの種類によっては、事前に代理人登録というものを済ませておく必要はありますが、海外でお金が足りなくなっても、また海外でお金に困らないように、日本の代理人登録者がお金を送金してもらうことができるようです。

まぁ、クレジットカードと同じようなものなんですかね?

まだまだ子供の海外留学とか考えてなかったですけど、今の時代ですし、母国語以外の他の語学が生活レベルでできるようちなっておいた方がいいと思うと、子供たちを留学させるってこと視野に入れていかないといけないかもしれませんね。海外専用プリペイドのことを考えながら、ちょっと子供達の将来に頭も行き始めていました笑

 

まぁ、とりあえず今は海外専用プリペイドカードをどこのものにするのかと言うことと、海外旅行をどこに行くのかということに頭を絞って考えることにします!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ