海外専用プリペイドカードの必要性

タイのプーケットが本当に楽しかったなぁーって思い出していました。

ホテル前のプライベートビーチはかなり綺麗だったし、透明感があって、遠浅で、ゆっくりするのに本当にもってこいでした。

ただ、、、

でも、ここで、サーフィンよくする方は、「うん??」って思ったと思うのですが、「海が綺麗ってことは、波がなかったんじゃないの?サーフィンできたの?」って思ったんじゃないかな?って思うのです。

確かに「サーフィン日和=海が濁る」っていうわけではないと思うのですが、やはり波が立っていると、砂が混じるので濁ることの方が多いのでは?

そうなんですよ。つまり、サーフィンは、本当にほとんどできなかったんですよね。

タイのプーケットで、僕たちが行った8月は雨季なんです。で、10月くらいになるといい波が上がるらしくて、僕たちはサーファーでありながら、サーフトリップと名付けながら、ほとんどサーフィンを楽しめなかったのです。

ただ、それでも、楽しいって思えるくらい、タイのプーケットは、本当に最高でした。「何がいい?」って、ほどほどに物価も安いし、タイ人って綺麗好きだから、建物が古くても綺麗に掃除してるんですよね。そして、人もよくて、食べ物が全部美味しかったー。

ラグジュアリーホテルで飲んだバナナスムージーが忘れられなく美味しかった。ただ、タイのプーケットだと思って侮るなかれ。ラグジュアリーホテルで食べて飲んですると、結構値段行きますから。

僕たち、ちょっとしたお調子者なので、日本ではなかなかできないからっていって、マッサージだの、ホテルでお食事だの、ホテルのバーだのって、サーフィンできない分めちゃくちゃ楽しんでしまったんですよね。

もし、海外専用プリペイドカードの存在を知っていたら、きっとどこかでどちらか一人が、「そろそろ抑えていこうか」って言えたと思うんです笑 海外専用プリペイドカードの明細を見ていたらね。

もしくは、海外専用プリペイドカードの明細を見なくても、プリペイドカードの残高がなくなって気づいたと思うのです。

海外専用プリペイドカードを持っていない僕たち2人は、本当に楽しみすぎてしまいました… あれは痛かったなぁー。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ