海外専用プリペイドカードだったらそんなことにはならなかったのに…

僕の友達で、ハイブランドのバックを海外の正規店で買ったときに、店員さんが0をひとつ打ち間違えてたみたいで、10倍高い請求が来たという話を前回させていただきました。結果どうなったかは聞いていないけど、日本に帰って来てから一か月くらいいろんなところにたらい回しにされてて、かなり電話しまくったり、メールしまくっていたので、本当に大変な思いをしたのだと思います。

彼は大手でしかも、証券で働いているようなエリートですし、外貨の数字の違いには慣れていたと思うのですが、そんな彼でもそのようなことにあってしまうのですから、本当に、海外っていうのは、気をつけないといけないなって思います。

ハイブランドですし、まして正規店ですので、それが詐欺だとは思いませんが、ハイブランドの正規店で購入しているっていうところで、安心感は持っていたでしょうし、休暇っていうこともあって細かい数字は気にしなかったんだと思うのです。

ただ、ハイブランドのバッグの10倍なので、クレジットカードの請求が来たときに、さすがの彼も目をひんむいたでしょうし、本当に気をつけないと何が起こるかわからないってことだ思いました。

でも、これがクレジットカードじゃなくて、海外専用プリペイドカードだったら、すぐに間違いに気づいたかもしれません。その理由は、海外専用プリペイドカードだったら、明細がすぐに見れるからです。ネット環境が整っていないといけませんが…

そしたら、面倒な計算をすることなく、自分がどのくらい使っているのかという把握ができたでしょうし、10倍の額だと、下手したら海外専用プリペイドカードが通らないというところで、間違いに気づいたかもしれません。しかも、同じ国にいる内であれば、訂正も簡単にできたでしょうからね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ